メニューのご紹介

会社&社長ヒストリースタッフ紹介

会社&社長ヒストリー

 私がこの飲食の世界に入ったのは、ごく自然な流れでありまして…。というのも、親が、実家の徳島で料理屋をやっていたことや、物心がついた時には「この商売をやっていたら食いっぱぐれはない上、旨いものが常に食べられるのではないか?!」という単純な理由なわけで…。そしてこの世界に飛び込んでいったのです。

 19歳で東京に出てきて、魚居酒屋を経営していた『魚真』に入社。何とか25,6歳で独立を目指し、不動産屋廻りをしたものの全く相手にしてもらえず、100件近く廻った末、実際に物件をもらえる事さえ厳しいという現実に直面しました。

 美味しい料理は作れるし、店を繁盛させる自信もあったのですが、それだけでは店は持てない、またいい物件が回ってきて申し込みをしたところで「実績がない!」との理由で断られ、「最初は実績なんかみんなないだろ!」などとよく思ったものでした。

 そんな中、目黒区自由が丘の駅から少し離れた所に物件を見つけ、1998年4月、ようやく開店にこぎつけました。お金を開店に全て注ぎ込みオープン。ちょっとでも暇は許されない状況の中、お店は開店当初から順調にたくさんのお客様に来て頂きました。

?

 独立して2008年で丸10年。いろんな失敗を繰り返し、現在、魚居酒屋2件、沖縄料理屋、焼とん屋とおかげさまで4店舗構えさせて頂いております。たったひとりで不動産屋廻りからスタートし、今ではたくさんのお客様や仲間たちに出会い、そして支えられてここまで来ることができました。思えばその出会いこそが、この10年の最大にして最高の!私の糧であり、何にも変えられない財産であると思うとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 これから永い道のりがず?っと続きます。私が死ぬまでの間、まだまだ人、街、さまざまな食材などなど…に出会うことでしょう。その多くを財産とし、その後も、私の宝である大切な仲間たちもまた、未来永劫!このエキサイティングな宝探しの旅を続けていけるように日々突き進んでいくことが、今の私のシゴトであると思っています。

 最後に、今後ともケイキフードサービス、ぱんちょと子ぱんちょ一同を楽しんで頂けると幸いに思っております。どうぞ宜しくお願いイタシマス。お疲れ様ですッ!

有限会社ケイキフードサービス 代表取締役 増田圭紀